被験者 るる

【るる】主人格、基本人格

・鬱病、離人症、DID含む解離性障害診断済み

・超石沼

・天然石ブレスレット、チャーム販売中

・天然石鑑定士、パワーストーン鑑定士

・幼児退行有り

・実年齢にそぐわない幼さと

経験で得た大人の常識を持つちぐはぐ人間

・みずたま研究所研究員兼被検体

【アゲハ】

・自由と買い物と遊び大好き

・ガマンきらい

・唯一本体と共に年をとってるのがイヤ

・飽き性だけどカラオケはすき

・現実に逆らって永遠の20代を目指す

・性的被害の記憶を担う

・自称本体の美容部員

・いりすさんちの公認ネトスト

【朔(さく)】19歳

・元は怒り担当

・昔はブチ切れてよく物を壊したり

暴言を吐いてた

・【先生】を統合

・男性寄りのジェンダーレス(自称)

・るる不在事件で重度不眠発症

・でも人間味増した

【ちい】4~5歳くらい

・るるの幼児期の姿

・親に嫌われてると感じて泣いてた子

・ドーナツとチョコが好き

・外、大きな声、暗くて狭い場所がこわい

・るるにくっついてまわってる

【黒猫たん】自称子供じゃないよ

・発生ポイント不明、謎多し

・真っ暗で姿が見えない

・真っ黒だから「黒猫」とちいが命名

・人間社会をほとんど知らない

・行動が読めない、一時期遁走癖有り

・シャーペンで夜中に絵を描いてる

・遁走癖現在なし

・あたたかいところがすきお花がすき

【名無しの書記さん】

主人格が解離を起こして他に誰も対応できない時にたまに出てきて状況を書き残して去る

【叶芽(かなめ)さん】

2021年6月主人格るるのフラバパニックにより全員が身動き取れなくなった時に出てきた者。冷静沈着、無機質だが、記憶保持者であり混乱を治めようとしているので名付けすることに。

名付け親はみずたまの葱さん。

漢字はアゲハ案。

このままうまくいけば統括になってもらう。

我が家のトレース。

(徐々に力が弱まることもあるらしいので要経過観察)

今は見当たらない者たち

【先生】

・元、統率係

・主人格の家事ノイローゼ回避の為生活担当

・【朔】に統合

・それによって朔に理性がついたと思われる

【名無し小学生】

・一度だけ昔のいじめの記憶を動画で話す

・その後は不明

【アゲハの片割れ】

・【アゲハ】の「本能」であると動画で語り

  もう自分はいなくても大丈夫と言い残し

  散って消えた

・確かにアゲハの逸脱行為は

昔に比べてずいぶん落ち着いた

【名無し】

・失声の幼い男の子

ちいに吸収されたらしい

たまにちいに失声の症状が出る

主人格である「るる」が表に出ることができる状態ではなくなったため、内の人格「朔」「あげは」で実生活を立てようと模索するも破綻、主人格である「るる」がA型作業所勤務でケースワーカーを介して住居地の役所へ繋ぐこととする。