一応Webデザイナー資格持ってるんです、実は。

昔、といっても葵ちゃんが風俗で稼いでた頃だから、多分27くらい?それくらいの時期に、みずたま研究所の屋号でWebデザインの仕事を2本くらい取ってた。サイト作るのに必要な費用と、デザイン料と、コミコミ10万くらいの仕事もあったり、もう既にフリーランス慣れしてたから普通にやってた。安くて軽くて使い勝手の良すぎるcrombookという抜け穴ノートPCを風俗の仕事の鞄に入れて、ポケットwifi忍ばせて。とにかく自分のDIDの病態を記録しないと、その一心で箕浦の情報という情報をモスバーガーの喫煙席で待機しながらひたすら打ち込んでいた。

ちょっと前ならサイバー部隊っていう人格がいて、そいつがみずたま研究所のサイト作ってた。ブログも管理してた。その後企画部が引き継いだけど結局インターネットなんて触る余裕なくなって実生活でてんやわんや、卑近の事件事故並べるなら、DID同士で知り合ってそういう仲になって、結局バッティング悪い所でぶち壊れての繰り返し、あいつは死んだ、あいつはお縄、あいつは医療保護入院、そりゃもう疲れ果てた。箕浦は箕浦でメキシカン害の自己愛欠陥に使われてあれやこれや吹聴されて、うちの四ツ葉が遺書書いて体をカッターでざっくざくにして利根川飛び込んで虎が野生児発揮して川泳いで助かって、本当にメキシカン害は死に値すると思うわ、Nさんも同等。だりいんだよ、男気なくて。一生面倒見るって言ったら言ったでやるに決まってんだろ二言はねえだろ、だから俺は真冬を嫁兼秘書として娶って一緒に暮らしてる。あいつらは愛着障害、つまりは親からの愛情不足を補えきれなかったわけだ、あーもう残念ほっとけ知らねえ。俺は人間関係における愛着だのなんだの知らない。モノやら情報が自分を活かす糧だから。根っからの親父譲りのASD、アスペルガー、一個も損したことないのは自慢できるかもわかんないけど。どいつもこいつも馬鹿ばっか。無理。お前には無理。正直無理。付き合い切れない奴ばっかりでもう愛想尽かすところにいたのが女房だったり、主人格倫奈の友人だったり、絶対に手放したくない、そういう手が既にこっちに向かって伸びてた。それをすくい上げたようなところ。

2月にクラブハウスっていう音声SNSがiPhoneユーザーでバカ流行って、うちは写真部がいるし画質重視、画面でかいほうがいいからってずっとAndroid勢。たまたまクラブハウスがAndroid対応解禁の日に、同時にフリーランス立ち上げた慶応経済学部卒の茨城の先住民がまた実家戻るからって箕浦の家に寄ってクラブハウスのアプリ即日で落とさせてくれて、あれやこれや指南を受けてたら、Twitterで3年くらいかかってわかるんだろうなってことがクラブハウスじゃ3週間、あーTwitterもうオワコンじゃんくらいに思ってもう開けなくなるよね。だるい。めんどい。

でもクラブハウスが有能すぎて、未知数すぎて、メンヘラの命綱になり始めた。互いの状況知って、健忘あるなら記録して教え合ったり、うちが出なくても勝手にやってくれてる。ネットってすげーな、成り下がりは下手な使い方しかできないけどこっちはCSSくらいまでは履修できてんよーって。SEOも解るしそりゃあもう一等賞突っ走るよね。

人員は揃った。自ずと揃った。というか残った。法律もわかんないDID同胞なんて削がれるわ当たり前に。

箕浦の現主人格倫奈はmztmlab.comのドメインだけ金払って維持してくれてた。倫奈はADHDが前面に出てるから俺とは両極端。一番は箕浦の生活、人生を立てること、それは主人格の仕事。所作。俺セカンド、鬼コーチの意志を継いで、「こんな気付かれずに育ったサバイバーはこれからどうやって生きていくんだ」っていう、福祉も医療も何も行き届いてない野晒しの状況で、何か残せないか、何か術はないかって、毎日見張って探して見つけて取り込んで伝播してって、その繰り返し繰り返し、これはASDの特徴なんだろうね、今日も今もずっとやってる。

これからりんねるの入院日記をコピペじゃなくて打ち込みになるからやることがめちゃくちゃ増える。当たり前に。だって保護室から手紙で送って来るんだもん。やるしかないじゃん。いいよ別に10時間くらいだったらぶっ通しでタイピングくらいなら日常レベルで出来るから。大した問題でもない。出来る隙にやればいいだけ。

セカンドの人がこれで、主人格はさぞかしできる子ちゃんでしょうね?当たり前だよもう30年もかけて作り上げられたシステムでしかない、これがうちの実存だ。

疲れた。真冬と楽しく過ごしてるから気楽なもんです、明日は箕浦の部屋の本棚作って設置する予定があったり真冬の訪問看護が来る予定もあるし。毎日やっぱり忙しくて無駄にエネルギー使ってるけど楽しけりゃいいや。

りんねる、次の手紙待ってる。葱